今でも思い出すあの頃の風俗

恋人がいて風俗。悪いですかね?

恋人がいるけど風俗で遊んでいますが、自分の中ではセーフだと思っています。まぁ世の女性に聞けばアウトだという声の方が一般的だと思うんですけど、少し冷静に考えてもらいたいんです。風俗ってサービスじゃないですか。マッサージの延長くらいなものですよ(笑)だからあれこれ言うようなものではないっていうか、恋人がいても風俗で遊ぶのはそれはそれで悪くはないんじゃないかなって思っています。それに、恋人相手のそれと風俗でのそれは、同じようで違うものでもあるんです。これは女の子は分からないと思いますけど、恋人相手はいわばスキンシップの延長のようなものです。でも風俗でのプレイは自分の欲望のままのプレイを楽しめるじゃないですか。この違いはかなり大きいんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗で遊ぶのであれば、自分なりにもっともっといろいろな形で楽しむのが良いんじゃないかなって思いつつ、恋人とは違った方向性で楽しませてもらっています。

風俗は男にとって必要なものだと思う

男にとって風俗はもはや趣味とかサービスという枠を超え、本能を満たすためのものだって思うんですよね。本能を満たせるものってなかなかないじゃないですか。むしろそれが大きいというか、自分の中でですけど風俗は自分なりにいろいろなことを考えて楽しむようにしているので、本能を満たすだけではなく、男として必要なものまで満たしてくれると思うんですよ。例えばプライド。男ってどれだけの女の子と遊んでいるのかによっても自尊心が決まってきたりするじゃないですか。だからこそ、じゃあどうするのかってなった時、風俗の存在がとってもありがたいって思えるケースだって出てくるんですよね。経験人数を自慢するのと同じ原理ですよね。それに、女の子と遊んでいないと、次第に自分が女の子に相手をされていないって言う自虐的な気持ちになってしまいがちなんですよね。それならやっぱり風俗で女の子と遊ぶことによって、それなりに自尊心を満たすことにもなるんです。